たくあんの油炒め

もともとは古くなって、そのままでは食べづらくなったたくあんを
救済するために生まれたメニューだと思うのですが、
 
何しろ、家でたくあんを漬ける、ということがなくなって、
一本ずつ買ってくる生活になりましたので、
古くなることがない、つまり、食べたくても食べられない
贅沢メニューになってしまったのです。

今回も、これが食べたいがために、わざわざ買ってきました。
そのまま食べても美味しい物を、塩抜きして煮込んで、って
すごくもったいないことをしている気もしますが、

美味しいから許して^^

c523-1

今回、ごま油で炒めたので、さらに胡麻を散らす、ということは
しなかったのですが、
仕上げに胡麻を振ると香ばしくなります。
唐辛子でピリリと仕上がっておりますよ~

3 Responses to “たくあんの油炒め”

  1. アルクマ より:

    ほうほう。
    これもごはんがススムくんな逸品ですなぁ~ (´ー`)

    それにしても、お漬物は買ってくるとはいえ
    塩抜きとかいろいろ手間がかかってるんですね。

    その手間が美味しさの秘訣なんだろうな~ ( ;∀;)シミジミ

  2. ラムネのラムちゃん より:

    わざわざ手を加えてまで食べたくなるものって、
    あるよね~~!
    でもなかなか出来なかったりするけど^_^;

    ピリ辛が嬉しい~~(*^o^*)

  3. kanzu より:

    >アルクマ
    昔懐かしの鄙びた味わいが、ご飯にピッタリなんですよね~

    カロリー的にもちょっと安心だし(笑)

    >ラムネのラムちゃんさま
    山菜の乾物とか、一手間も二手間も必要なものもありますよね。

    実は、戻し方もよく分からなかったりする(^^;
    きちんと覚えなくちゃね♪

kanzu にコメントする

このページの先頭へ